総会のご案内

2016年濱松一中・浜松北高同窓会総会のご案内

「紡ぐ」

日時  :平成28年7月30日(土) 13:00~18:00(受付開始 12:30~)
会場  :グランドホテル浜松(浜松市中区東伊場1丁目3−1)
総会  :(13:00~13:50)鳳の間
記念講演:(14:00~15:30)鳳の間
懇親会 :(16:30~18:00)鳳の間

講師紹介

講師:村山 斉(むらやま ひとし)先生
東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構機構長)
講演テーマ:「宇宙になぜ我々が存在するのか」

宇宙をわかるためには、宇宙を形作っている中身が分からないといけません。特に宇宙の始まりに遡ろうとすると、宇宙自身がどんどん小さくなるため、小さいもの、つまり素粒子が大事な役割をします。こうして「宇宙は何でできているのか」は「宇宙がどうやって始まったのか」そして「宇宙の運命は何か」という問題につながってきます。特に宇宙の96% を占める暗黒物質・暗黒エネルギーの正体が重要です。こうした宇宙と素粒子の関わりについて、簡単に解説します。

村山 斉(むらやま ひとし)先生
1964年 3月21日生
1986年 東京大学理学部物理学科 卒業
1988年 東京大学大学院理学系研究科修士課程(物理学専攻) 修了
1991年 東京大学大学院理学系研究科博士課程(物理学専攻) 修了
1991年 理学博士(東京大学)

«専門»
素粒子物理学

«職歴»
1991年 東北大学 助手(大学院理学研究科)
1993年 ローレンス・バークレー国立研究所 研究員
1995年 カリフォルニア大学バークレー校 助教(物理学科)
1998年 カリフォルニア大学バークレー校 准教授(物理学科)
2000年 カリフォルニア大学バークレー校 教授(物理学科):現職
2007年 東京大学数物連携宇宙研究機構機構長
2008年 東京大学数物連携宇宙研究機構特任教授
2011年 東京大学国際高等研究所数物連携宇宙研究機構機構長
2012年 東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構機構長:現職

«受賞歴等»
2002年 西宮湯川記念賞
2003年 米国物理学会フェロー
2013年〜米国芸術科学アカデミー会員
2014年〜日本学術会議連携会員

«著書»
『宇宙は何でできているのか』(幻冬舎2010年9月28日)
『宇宙になぜ我々が存在するのか』(講談社2013年1月17日)他多数

サブイベント

《鶴の間》

『ワンダフルジャズライブ! ~The Summertime Gift』
外山浩之  & 池田なみ 

toyama&ikeda
<共演によせて>
6年前に一度池田さんと共演をした際、スケールの大きな素晴らしい歌を聴かせて頂き、その後もずっとチャンスを伺っておりました。従って、本日は私にとって大変楽しみな共演なのですが、皆様にも存分に楽しんで頂けるものと信じております。「What a Wonderful World」「Summertime」「Gift」他、ジャズを中心に、良く知られた曲を盛り込んでお送りします。(外山)

<プロフィール>
外山浩之(ピアノ)(新40回卒)
1970年、浜松市中区住吉生まれ。早稲田大学卒業後、ジャズピアノの演奏や指導を中心に活動。ジャズ以外の様々な表現をされる方とも共演、朗読やお芝居に合わせて即興演奏をすることも。Swingyの名で制作した「夕日はいつも優しかった」を、iTunesにて配信中。東京・西早稲田にて、Swingy Jazz School主催。

池田なみ(ヴォーカル)
各地のライヴハウスやコンサートホール、ジャズフェスティバルなどに出演。ステージには音楽の感動と即興演奏のスリルを盛り込み、時にドラマティック、時にセンチメンタル、そして必ずハッピーなうたでたくさんのお客さまに笑顔をお持ち帰りいただきたいとステージに臨んでいる。2015年CD「Jazz For Everybody/みんなのジャズ」を発表。

《飛鳥》

健康・学術セミナー
『検鏡であなたの癌を診断する専門医「病理医」の目に映る癌の顔つきと性質』
新村和也

shinmura
今年、病理医が活躍する「フラジャイル」という医療ドラマが話題になりました。採取された細胞や組織を検鏡して病気を診断する病理医を初めて知って驚かれた方も多いかと思います。
本講演では、病理の役割と、病理医の目から見た「癌」という病気について、肺癌の最新分子標的療法や、DNA修復異常と癌(昨秋のノーベル化学賞テーマです!)を含めてお話させていただきます。
<プロフィール>
新村和也(新40回卒)
浜松医科大学医学部、浜松医科大学大学院卒。国立がんセンター研究所、学振特別研究員、シンシナティ大学医学部等勤務を経て、05年より浜松医科大学第一病理(現・腫瘍病理学)助手、08年より准教授。認定病理専門医、認定細胞診専門医。日本病理学会学術研究賞受賞。

《孔雀ほか》

~想い出の音楽ラウンジ♪~
『レミニッセンスが止まらない!!!』
DJ Gaxi a.k.a. HIGH GRADE

gaxi
異色の北高卒業生、DJ Gaxi a.k.a. HIGH GRADEが贈るスペシャルな音楽ラウンジ。“あの頃”を無条件反射的に想起させる特上のBGMを肴に、昔の仲間と懐かしい話題で盛り上がりましょう。秘蔵の膨大なレコード・コレクションから想い出の歌謡曲・ヒット曲を厳選して、80年代を中心に戦前・戦後~昭和の各時代へタイムトリップ! ジャマイカ仕込みの熟練のセンスで贈るDJミックスをお楽しみください。

<プロフィール>
DJ Gaxi a.k.a. HIGH GRADE(川本学史・新40回卒)
明治大学商学部卒。東京、アメリカ、ジャマイカなどで家族と共に住み、サウンドシステム・デザインを生業とする。“HIGH GRADE”とは、ジャマイカ・キングストン在住時に黒人貧民街の住人らにより名付けられた現地での通称である。現在は地元・浜松に戻り、クラブなどでDJやサウンドシステム・デザインをする傍ら、社会福祉士としても静かに熱く活動している。

懇親会 鳳の間